ネット誹謗中傷対策の依頼ができる弁護士

 

誹謗中傷弁護士

ネット誹謗中傷対策は誰に相談する?

ネット誹謗中傷対策をする必要が高まっていますが、このような対策をする時は専門家に仕事を頼むことが重要です。
実は最近はこういうネット上の問題へ対応できる法律(プロバイダ責任制限法等)が整備されており、それを利用すれば簡単に問題の解決ができます。

ネット上で起こった問題に対応するためには、インターネットと法律に詳しい専門家に仕事を頼むことが大事です。
そのような法律事務所は最近増えており、ネットに精通している誹謗中傷 弁護士はネット検索すれば見つけることができます。

ITX法律とうたっている弁護士事務所、ネット誹謗中傷に特化した弁護士事務所というのも時代の背景もあって存在します。

誹謗中傷に強い弁護士に求められるスキルとは?

ネット誹謗中傷の問題を対応できる弁護士を探すときは、誹謗中傷弁護士を特集したポータルサイトを活用する事が大事です。誹謗中傷に特化した弁護士は、ポータルサイトに登録していたり、事務所のホームページを持っていることが多く、どういうった業務に対応しているのか?実力を把握することができます。

誹謗中傷対策弁護士に求められるスキルに以下のものがあります。

  • 掲示板のルールを熟知し、速やかに削除できること
  • 発信者情報開示請求を行い、速やかに書き込み犯人を見つけることができること
  • サーバー、インターネット、DNS、プログラミングなどのITスキルをしっていること
  • 情報関連にまつわる法律に詳しいこと
  • 海外の法律にも精通し、海外のITサービスに対しても英語を駆使して権利侵害を主張できること

などです。

特に、2ちゃんねるに強い弁護士は、裁判所をつかった仮処分といったルート以外にも削除ルートがあります。
つまり2ちゃんねるが認める、リーガルマインドをもった弁護士が存在するのです。2ちゃんねるに認められてる弁護士であれば、直接の任意交渉も可能であるということでしょう。

但しだれでも弁護士であればできるわけでもなく、ネットに精通しており掲示板運用ルールやネット上での表現の自由にも十分に配慮できる弁護士であることが大事です。

誹謗中傷弁護士の比較、選び方

弁護士ごとのホームページに記載してある特徴や実績を比較し、弁護士間の実力を見比べることは可能です。

最も重要にしたいことは、相性です。ネット誹謗中傷の問題は、プライバシー侵害に関わる情報の相談もしますので、親身になって相談にのってくれる弁護士、相談しやすい弁護士であることが重要です。相性があうかあわないかは、実際に電話をして、確認するのがよいでしょう。

弁護士相談するにあたって意外と難しいのは、被害の実態を把握してもらうことです。ネット上のトラブルで重要になるのは証拠で、相手の発言やIPアドレスなどの情報を保存する必要があります。これらをわかりやすく、名誉毀損になるかどうか、弁護士に理解してもらう必要があるでしょう。

そのようなデータは時間がたつと消えてしまうことがあるため、仕事の依頼をする場合、証拠を残すこと、早めの相談が大事です。

大手の弁護士事務所だと、力や実力があるので削除が早いなどがありますが、事務員が受付となって直接弁護士相談できないことがあります。それよりは、個人事務所の場合は、最初から最後まで直接弁護士が面会して、相談にのってくれるので、安心できるという方もいます。接客対応やプライバシーが気になる場合、自分にあった弁護士事務所を選べばよいでしょう。

またこのような情報を収集する必要がありますから、仕事を頼む時は、本当にネットに詳しいかどうかを確認しなければいけません。ネットの問題に対応できる法律事務所は少ないので、被害状況を説明して、理解がはやければ、実力があると考えればよいでしょう。

ネット誹謗中傷対策は工夫をすれば簡単に行うことができますが、実力がなければ、お金と費用ばかりかかってしまいます。

そういう特徴がありますからネットの問題対策をする場合は、実績のある所を選ぶことが重要です。
また実際に利用した人の意見を聞くことも大事で、そういうクチコミ情報を得ておけばどのようなところなのか把握することができます。

ネットのトラブルは放っておいても解決するものではなく、長期的に悪影響を与えることが多いです。
そのようなリスクのあるものですからネット誹謗中傷対策をしたい時は、ネット方面に詳しい弁護士に相談をするのが望ましいといえるでしょう。