ホーム » 誹謗中傷対策

カテゴリー別アーカイブ: 誹謗中傷対策

ホストラブの削除は弁護士に相談

キャバクラ

女性は男性に比べると悩みを抱え込みやすく、重症化すると病気になってしまいます。
そのような病気を誘発してしまうとして弁護士が懸念しているウェブサイトがホストラブです。
利用者がほぼ全員女性という特徴がある事から、女性の中では圧倒的な知名度を誇るウェブサービスです。
設立されたのはまだまだインターネットが普及したとは言えない2001年ですが、老舗というだけあり一ヶ月間に200万人ものユーザーがアクセスして利用していると公表されています。
これほど大きなウェブサービスなら運営者は明確になっているものですが、運営者がはっきりしていないというのが実情です。
どれほどインターネット上で情報収集して調べてもホストラブの運営者を特定できた人は居ないと言われているほどです。
そのため、書き込まれている内容が不適切なもので削除を依頼したいという場合でも通報先が見当たらずに対処できないという悩みを持っている方も大勢居ます。
しかも、ホストラブは書き込まれている内容の大半が愚痴や誹謗中傷といったネガティブなものばかりなので、対処が追いつかないという実情があります。
元来は水商売に従事している方々がターゲットになってしまうのですが、スマートフォンなどでも利用可能である事から利用者が多くなり現在は一般人もターゲットになるケースが珍しくありません。
ただし、やはりお店で接客業をしている方について書かれてしまう事が多く、内容を気にするあまり自分らしく動く事ができなくなり病気になる方も少なくないのです。
また、贔屓にしてくれていたお客さんがホストラブに対して酷い事を入力し、人間不信になってしまうスタッフも居るほどです。
このように無法地帯になっているのは、上述したように運営している組織が明瞭に判明できないので、削除の手続きが踏めないという事が関係しているのですが、他にも要因があります。
それは、荒れる事により野次馬目的で訪れる方や反論するために訪れる方が相次ぎホストラブのアクセスが高まり、影響力を高められるためです。
こうした点を裏付けるように、削除依頼を出しても一向に消してもらえる様子が無く、残り続けるという一面があります。
どうしても削除しなければならない問題に関しては、やはり法律のプロである弁護士に頼るしかありません。
弁護士に依頼すると、削除要請はもちろんですが入力した者も特定してくれるので、然るべき対応に移ることができるのです。

急増するtwitter誹謗中傷、ネットに強い弁護士に相談すれば迅速に削除対応へ

昨今、各分野において問題視されているのが、SNS関連のトラブルです。
著名人のSNSが炎上する、企業が広報用に作成したSNSがネットユーザーから激しく批判される等の事案が昨今相次いでいます。
基本的に炎上する事案は、元々SNSに投稿された文章などに問題があるケースが多く、例えば昨今では有名大学の教授が特定個人の氏名を名指しした上で事実無根の誹謗中傷と名誉毀損のテキストを自らの公式SNSにアップしました。
教育者であるべき公的な立場の人間が、病気で倒れてしまった弱い立場の人間を誹謗中傷したため、多くの一般のSNSユーザーの逆鱗に触れてしまい、その大学教授のアカウントは見事に炎上し、閉鎖に追い込まれました。
こういったケースの場合、炎上行為そのものは褒められたものではありませんが、そもそも批判が殺到する原因を作り出したのは大学教授の方にあり、残念ですが公的なポストの人間としては自業自得な部分が否めません。

有名人や大企業のSNS程、炎上被害に遭遇しやすい傾向があり、匿名掲示板をよく利用するネットユーザーが言わば憂さ晴らしのために徒党を組んで、特定のアカウントに対して集団で執拗な嫌がらせをする出来事も目立って来ました。
特に最近ではSNSの中でも、twitter誹謗中傷の事案が急増中です。
発言者の側に落ち度がある事例も中にはありますが、twitterの場合、どちらかと言うと発信者の発言を閲覧者の方が誤解した上で迷惑な炎上行為を始める傾向が多く、twitterヘビーユーザーの多くが身に覚えがない誹謗中傷や名誉毀損に苦しんでいます。

事実無根の誹謗中傷や罵詈雑言の名誉毀損の書き込みは基本的に放置するのが効果的な作戦です。
ただし、近年では執拗にtwitter誹謗中傷の行為を繰り返す悪質なユーザーが増えてきました。
ネットの事なので罪に問われる事は無いだろう、発言者に特定される事は無いだろう、有名なので誹謗中傷されて当然だろう等と、自分勝手な思い込みでtwitter誹謗中傷を取り返すネットユーザーも多く、そういった一線を越えた迷惑な方々には、毅然とした対応が求められます。

しかし誹謗中傷を受けた被害者が直接加害者とダイレクトメッセージ等でやり取りすると、これが返って更なるトラブルに繋がる恐れがありますので、相手の事実無根のデマや誹謗中傷のメッセージをSNS上から削除してもらいたい時などは、あえて相手に直訴するのではなく、客観的な視点からアドバイスをしてくれる法律家、それもネットに強い弁護士に話を持ちかけるのが得策です。
ネットに強い弁護士なら法律を駆使し、迅速に削除の働きかけをしてくれます。

中古車販売店選びは口コミを見て考えよう

中古車販売店に期待することの一つは、これまでにその販売店で購入したお客様の声を正直に教えてもらいたいということです。そういうお客様の声ってその販売店自身が公開しないとなかなか知ることができないですよね。あとは中古車サイトに掲載されているお客様の口コミですね。お客様の口コミを掲載するというのはお店にとっては良い面もあれば悪い面もあるわけですから、その中で長年にわたって口コミを掲載し続けているCSオートディーラーについてご紹介します。これまで長年にわたって通信販売を含めた中古車販売を続けてきた会社は、ホームページの中でこれまでの購入者の声を掲載し続けています。読んでみると分かりますが、お客さまからの褒め言葉だけでなく、改善して欲しい点や要望もきちんと載せています。こうした口コミを見るとお店の信頼度は上がるものです。皆さんも購入前にはぜひ、お店に関する口コミを見てみるようにしてください。

目には見えない部分もチェックします

今や車はコンピューターで動いているといっても過言ではないくらい、コンピューター制御されている部分が多いことを皆さんご存知でしょうか。ですから車の整備にはコンピューターの診断が欠かせないわけです。つまり、中古車を購入する際にもこのコンピューターの診断がされているかどうかはとても重要になってくるということです。言ってみれば、このコンピューター診断は人間ドックのようなものなんですね。それで、中古車を購入する際にコンピューター診断機によるチェックがされているかどうか、この診断機が導入されているかを確認されると良いでしょう。これも販売店によって異なりますが、中にはこの診断によるチェックをきちんと行っていることを伝えているお店もあります。たとえば、会社によっては、ホームページ上で国内外のメーカーに対応するコンピューター診断機による診断を行っていることがはっきりと記されています。もちろん熟練の整備士による整備が基本にあって、そのうえで人の目には見えない部分の診断もある、そんな信頼できるお店で買いたいですよね。

悪い評判や口コミがネット上にでることがありますが、口コミは参考にしながら、こういった品質保証をしっかりとおこなっているのか?という点を評価しながら、中古販売店を選べばよいでしょう。

2ちゃんねる削除に困ったら弁護士に相談

ネットの掲示板の中でも特に話題性が高いのが2ちゃんねるですが、利用したこともある人は分かると思いますが、さまざまなジャンルのスレットが立ち、匿名での投稿となるため、その内容は多岐にわたっていますよね。

そのような状況にある2ちゃんねるでは、現在2つに枝分かれしていているため、それぞれには同様の記事がある場合もあるのです。そのためもし自分に不都合な内容がそこに書きまれた場合、2つの掲示板にその内容が掲載されてしまうことにもなります。

その場合にはまず2ちゃんねる削除の依頼をする必要がありますが、現在はそれぞれにフィリピンやシンガポールに運営元があり、国内での対応は実質ムリと言えるでしょう。

2ちゃんねる削除の方法は、まずメールでの連絡となります。ただし記事の削除については運営者の定める項目に当て嵌まる必要があり、法人の情報や前科や前歴では裁判所を通す必要もあるのです。

2ちゃんねる削除については、他人の書き込みだけでなく自分自身の書き込みについても勝手に行うことはできないようになっているので、その都度管理人に削除依頼をする必要があります。

ですが、現実問題としてはその削除依頼は無視されるケースが大半であり、運よく対応してもらえても時間が掛かることが多いです。その間には他人に知られたくない情報がどんどん拡散してしまう心配もありますよね。

少しでも早くそのようなトラブルを解決したい場合には、弁護士に相談してみることがおすすめとなります。前述のように法人に関することや、個人の前科や前歴は裁判所の決定を待ってからの削除ということになるため、その際には弁護士のように法律の専門家に頼る必要も出てきます。

弁護士に依頼をして2ちゃんねる削除が裁判で決定した場合には、申し立てから1週間程度での削除となり、それ以降は安心して生活を送ることができるようになるのです。

その場合の削除方法は、裁判所からの削除の決定が出たからと言って自動的に行われるものではなく、削除依頼スレを作成した後に削除をする必要があります。

これだけの手続きなら弁護士よりも気軽に依頼できる誹謗中傷対策業者に依頼した方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。確かに弁護士より安い料金で依頼できる可能性はありますが、非弁行為をいう違法な行為となる上に、上手く削除してもらえない結果となり、帰って2ちゃんねるの炎上を招く結果となる場合もあるのです。

ネットのトラブルを解決するには、このようなトラブル解決の実績を持つ法律家に依頼するのが得策と言えます。

個人でやるべき、ブログにおけるネット誹謗中傷対策

ネット誹謗中傷対策をするかしないかで、後々のトラブルを防ぐことができるかどうかが変わります。ネットにおける誹謗中傷の恐ろしいところはインターネットの検索結果としてその記録が残ってしまうことです。例えば、名前を検索しただけでその人のことを誹謗中傷したブログが出てくるなどするだけでなく、それを見た人が真偽を判断することなく鵜呑みにし、多大な影響を与えることにつながります。最近では会社の採用に関することで、面接をした人の名前を検索し、その人がどのような人かを検索するということをしている会社も出てきています。その結果、ひた隠しにしていたはずの情報が筒抜けとなり、採用取り消しなどの憂き目に遭うばかりではなく、自分とは無関係のことで不利を被ることもあります。ネット誹謗中傷対策をしておくことでこうした悲劇を招かずに済みます。

特に気をつけたいのはブログです。インターネット回線が安定、かつ安価になったため、多くの人が気軽に発信することのできるツールを持つことができました。その結果、見るに堪えないようなお粗末なブログも急増し、それに比例してブログの中で特定の人物を誹謗中傷するサイトも増えていきました。ネット誹謗中傷対策として、こうしたブログを削除する、その依頼を出すということが必要です。削除依頼を出すことのメリットは、もちろんそれ自体を消すことにありますが、他にもこの情報は間違っているという意志表示にもなります。ネットにおけるデマは何かと無視されやすく、これくらいウソだってわかるだろうと思い、何も対策を講じない人がいますが、何もしないということは真実なのだと曲解する人も多くなり、結果として被害を拡大させることになります。そのため、それは間違いである、訂正してほしい、さもなくば訴えるという迫り方で削除依頼を出していくことがネット誹謗中傷対策につながります。また、検索エンジンの会社に依頼を出し、該当するブログを検索結果に表示させないというのも可能です。

ネット誹謗中傷対策として注目される逆SEOとは

アフィリエイトのユーザーなどは自分のサイトが検索エンジンの上位に来るように様々な対策を講じることになります。こうした検索順位を上げる対策をSEOと言います。逆SEOは検索順位を下げる対策を指します。見てもらいたくないサイトを下げることで、検索されたときに中傷しているサイトが表示されないようにし、ネット誹謗中傷対策としても効果的です。本当であれば、管理人などに削除依頼を出し、それを削除してもらうことで済む話ですが、表現の自由などを理由にこうした削除依頼に応じないのが実情です。また、削除依頼を出すことで誹謗中傷が拡散される恐れもあります。そうした背景もあり、逆SEOが行われることとなるのです。

逆SEOのやり方は、そのキーワードなどに関連するサイトを作り、それで検索順位の上位を独占し、結果として、誹謗中傷サイトの検索順位を落とすというやり方です。企業などであれば、自分のサイトだけで上位を独占するなどの手法がとられることとなります。こうしたやり方はなかなか一般の人では難しいため、専門の業者に任せるなどの対策が必要です。他にもSNSの活用などで検索順位を落とさせるということも可能となります。こうしたサイトを作っていくには上質なコンテンツであり、相互リンクがなされていること、そして、IPアドレスを分散させるといったテクニックも逆SEOでは必要となります。しかし、せっかく下げたとしても、後日再び浮上させてしまっては意味がありません。そのため、逆SEO対策として、常にコンテンツの質を高めておくことが大切です。

こうしたネット誹謗中傷対策と連動して、削除依頼を出し、裁判所を通じてのやり取りを目指すということも可能です。その場合、削除されるまでにかなりの日数がかかりますが、その間は逆SEOで急場をしのぐということができます。個人に関することでも安価に行えるため、誹謗中傷に悩む人にはおすすめです。

ネット誹謗中傷対策は喫緊の課題であり、深刻な場合は弁護士に相談を。

インターネットは新聞やテレビに次ぐ国民的なメディアとなりました。
昔は一部のパソコンマニアだけが閲覧するマニアックなメディアでしたが、近年ではスマートフォンやノートパソコンの普及によって、国民の大多数が何かしらの形でネットに参加しています。
SNSにメッセージを投稿する、掲示板に意見を投稿する、友達とブログやコミュニティ通して会話を楽しむ、ネット通販サイトに購入した製品の感想を投稿する、自分のブログに今日の出来事を執筆する等、普通の老若男女が今や、自分自身でメディアを持ち、色々な情報を世界に向けて発信し始めています。

多彩な情報がネット上に残るようになり、情報の量は劇的に増えました。
それ自体は大変素晴らしい事ですが、社会問題となって来ているのが、誹謗中傷やデマの存在です。
元々、大衆とは噂好きな性質を持っています。昔はアナログだけで都市伝説や事実無根のデマが語られていたため、そう簡単に大衆の間に蔓延する事はありませんでした。
しかし、今ではSNSや掲示板といった伝播力の強いメディアがあり、リアルタイムで大衆がアクセスしています。
更にネットリテラシーについて詳しくないライトユーザー層が新たにネット参加しているため、
一般のネットユーザーであれば嘘と即理解出来るデマやゴシップ記事が、SNSや掲示板にて拡散する事態が多発しています。
一般の大衆が「良いこと」だと思って、デマやゴシップ記事を拡散する事も多く、
「明日東京へ大地震が来るので非難しろ」や「A社が販売している製品は放射能に汚染されている。買ってはいけない」等、一見役立ちそうなアドバイスに見えるため、大衆はついついデマに騙されてしまいます。

ネット誹謗中傷対策は個人、企業にとって喫緊の課題です。
もし自分や自社が根も葉もない噂によって誹謗中傷されているのであれは、弁護士に相談しましょう。
それも近年のネット事情に詳しいIT系の事務所に相談するのがオススメです。
ネットで他者の名誉を傷つける事、デマやゴシップ記事を拡散させる事は明確なルール違反であり、非常に悪質性が高い場合は罪に問えます。

誹謗中傷を刑事で追求

刑法230条では、「公然と事実を指摘し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず」とありますので、インターネットでの書き込みでも名誉棄損罪は成立します。刑事罰ですので、警察に被害届を出せば犯人を特定するために動いてくれます。その事実の有無にかかわらずとなっているように、書かれている内容が本当のことであるか嘘であるかは問題となりません。本人の名誉が汚されていたら、事実であるかどうかを問わず、名誉棄損罪は成立します。

侮辱罪については、刑法231条で定められており、「公然と人を侮辱すること」が要件になります。インターネットの掲示板などへの書き込みも、この罪が成立する可能性があります。

インターネットの掲示板などに誹謗中傷が書かれていたら、警察に被害届を出すことができますが、警察も忙しいので、すぐには動いてくれないかもしれません。しかし、インターネットに書かれている事柄は、放置しておくとどんどん拡散していき、取り返しがつかなくなることがあります。すぐに対応してほしい場合には、警察よりも弁護士に相談をすることがおすすめです。弁護士なら、早ければその日のうちに書き込みを消してくれます。さらに、誹謗中傷が悪質な場合には、損害賠償を請求したり、名誉毀損や侮辱罪を追及することもできます。

ホストや風俗嬢のように、本人の実名ではない書き込みについても、名誉毀損や侮辱罪が成立する可能性があります。しかし、警察はグレーゾーンなど、犯罪が成立するかあいまいなラインでは動かない傾向があります。やはり確実なのは弁護士に依頼をすることでしょう。

弁護士に依頼をするときは、その分野を得意としている弁護士に依頼をすることが重要です。弁護士にも得意不得意があるからです。インターネットの誹謗中傷の問題を得意としている弁護士を探して、相談をしてみるようにしましょう。最近の法律事務所は相談だけなら無料で受け付けているところも多いです。まずは無料相談を受けてみるとよいでしょう。

管理人やサービス会社に誹謗中傷記事の削除依頼をするには

例えば、有名な掲示板に自分の個人情報や名誉毀損にあたる内容を書かれてしまった場合、それをそのままネット上に放置しておく必要はありません。
こうした書き込みや記事は削除依頼を出す事が出来ます。

例えば、掲示板の場合は削除依頼をするところが決まっているので、そこに書き込みをします。
重要なのはどの箇所がどういった内容になっているか、どういった点が問題となるかと言う事を明らかにする事です。
管理人がそれを見て納得した場合のみ削除してもらう事が出来るので、納得していない場合や必要ないと判断した場合はそのまま残ってしまいますが、ある程度の内容までは削除してもらう事は可能です。
しかしこの方法の場合は削除依頼板を見ている人もいる為、古い内容について調べ直されてしまう可能性も出てくるため注意が必要です。

記事の削除依頼に関しては、その内容をそのまま印刷し、それを削除する理由にあたるという事を証明すれば依頼は完了します。
ただ、その申し出に対してすぐに対応してもらう事が出来る場合もありますが、そうではない場合も決して珍しくありません。
その場合は裁判所への仮処分の申し立てなどをする事によって削除を求める事になります。
しかし、インターネットと言うのはとても便利なもので、簡単に当該記事を削除する事も可能です。
その為、証拠を残しておかなければ水掛け論となってしまう可能性もあるので十分気を付けなければいけません。
名誉毀損にあたる内容を発見した場合は、それをしっかりと証拠として残して置く事になります。

確実に削除をしてもらいたいと思う場合は、裁判所等の法的な力を利用する方が効果的です。
また弁護士に相談して依頼するという方法も効果的な方法で、費用は発生する事になりますがそのまま誹謗中傷記事が残ってしまう可能性が低くなり、個人的な精神的な負担やストレスは勿論の事、企業等の事業等に関する損失等も食い止める事は十分可能となっています。