ホーム » 誹謗中傷対策 » 管理人やサービス会社に誹謗中傷記事の削除依頼をするには

管理人やサービス会社に誹謗中傷記事の削除依頼をするには

例えば、有名な掲示板に自分の個人情報や名誉毀損にあたる内容を書かれてしまった場合、それをそのままネット上に放置しておく必要はありません。
こうした書き込みや記事は削除依頼を出す事が出来ます。

例えば、掲示板の場合は削除依頼をするところが決まっているので、そこに書き込みをします。
重要なのはどの箇所がどういった内容になっているか、どういった点が問題となるかと言う事を明らかにする事です。
管理人がそれを見て納得した場合のみ削除してもらう事が出来るので、納得していない場合や必要ないと判断した場合はそのまま残ってしまいますが、ある程度の内容までは削除してもらう事は可能です。
しかしこの方法の場合は削除依頼板を見ている人もいる為、古い内容について調べ直されてしまう可能性も出てくるため注意が必要です。

記事の削除依頼に関しては、その内容をそのまま印刷し、それを削除する理由にあたるという事を証明すれば依頼は完了します。
ただ、その申し出に対してすぐに対応してもらう事が出来る場合もありますが、そうではない場合も決して珍しくありません。
その場合は裁判所への仮処分の申し立てなどをする事によって削除を求める事になります。
しかし、インターネットと言うのはとても便利なもので、簡単に当該記事を削除する事も可能です。
その為、証拠を残しておかなければ水掛け論となってしまう可能性もあるので十分気を付けなければいけません。
名誉毀損にあたる内容を発見した場合は、それをしっかりと証拠として残して置く事になります。

確実に削除をしてもらいたいと思う場合は、裁判所等の法的な力を利用する方が効果的です。
また弁護士に相談して依頼するという方法も効果的な方法で、費用は発生する事になりますがそのまま誹謗中傷記事が残ってしまう可能性が低くなり、個人的な精神的な負担やストレスは勿論の事、企業等の事業等に関する損失等も食い止める事は十分可能となっています。